め 鶏 六 を の 列 五 う   奉 々 儀 に 田 に び こ 域 し と る ば こ     夏 か ∧ 番 極 山 が 日 ∨ 五 仕 の は 人 の 五 入 れ を て こ ° 神 の 江   祭 り に の め 王 江 が ` 月 す 邪 廃 家 一 穀 っ を 氏 ` ろ 隅 田 夏 戸     ∨ わ だ 一 祭 戸 神 巳 十 る 悪 れ が 角 の て 飾 子 五 が 田 明 祭 の     竜 と し 般 と 城 田 ∧ 五 の を る 立 に 豊 ` っ に 月 多 川 神 が 昔     神 り が 民 並 内 祭 み 日 を 払 一 並 差 作 わ た 持 五 い の の ` か     ` ∨ そ 衆 ん に の ∨ に 見 う 方 ん し を が 舟 つ 日 ° 東 祭 五 ら     六 ` ろ の で 練 当 ` は る こ で で て 祈 身 を 神 前 古 岸 で 月 `     番 二 う 通 天 り 日 未 神 の と ` ` ` り を 川 社 後 く の あ 六 威     の 番 が 行 下 こ で ∧ 田 み に 二 田 苗 ` 浄 に で に 農 神 り 月 勢     花 の ` は 祭 ん ` ひ 明 で 目 ` 畑 を め め 浮 は 行 村 社 ` の よ     籠 猿 例 禁 と で 元 つ 神 あ 的 三 を 浄 い ` か ` わ で で 三 候 い     ∧ ∧ 年 止 称 ` 禄 じ の る を の 作 め め 神 べ ぼ れ あ は 社 に 江     は さ 必 さ せ 将 元 ∨ 祭 ° 変 神 る る い 社 て ん た っ ` 祭 ` 戸     な る ず れ ら 軍 ∧ ` 礼   え 社 余 の に へ ` で 特 た 今 で 至 っ     か ∨ 行 た れ 家 一 酉 が   て が 地 で 御 立 氏 ん 殊 時 で あ る 子     ご ` 列 ° た の 六 ∧ 行   ` ` も あ 幣 帰 子 と な 代 も り 所 は     ∨ 三 に 氏 ° 上 八 と わ   今 そ な る を っ 内 称 神 ` ぼ ` の 夏     ` 番 加 子 こ 覧 八 り れ   な の く ° わ て の す 事 氏 ん さ 町 祭     八 の わ の の に ∨ ∨ る   お 形 な 現 が か 男 る で 子 で て 内 に     番 翁 る 町 日 供 年 ` °   五 式 っ 在 家 ら 子 御 あ 区 ん は に 伊     の 人 有 々 は え の 亥 昔   月 を て の に ` が 幣 る 域 と 日 繰 達     関 形 名 は ` た 辰 ∧ は   五 保 は よ 持 打 ` を ° 内 称 枝 り ∧     羽 ` な 合 路 と 年 い 丑   日 存 ` う 帰 ち 思 た 隅 の す 神 広 だ     ` 四 だ 計 筋 い か ∨ ∧   に し 自 に っ そ い く 田 五 る 社 げ て     九 番 し 六 の ゝ ら の う   ぼ ` 然 ` て ろ 思 さ 川 穀 祭 の ら ∨     番 の は 十 警 ` は 年 し   ん 氏 こ 江 こ っ い ん に 豊 を 山 れ を     の 和 ` 町 護 日 ` の ∨   で 子 の 東 れ て に に 添 熟 執 王 る き     熊 布 一 ` は 枝 祭 九 `   ん 内 特 の を ` 水 作 っ を 行 祭 ° そ     坂 刈 番 三 厳 神 の 月 卯   祭 の 殊 地 苗 神 に り た 祈 す で 例 っ     ∧ ∧ の 十 重 社 行 十 ∧   を 家 祭 区 代 前 飛 ` 地 願 る あ え た                                                   °    



ほ え     り 神 の 本 て 堀 に 短 き わ 国 科 り り 師 の ら 十 の 十 の く と ば ┐ こ た 輿 間 郷 室 畄 引 い わ ゆ ∧ 大 ` ` 範 対 れ 二 小 四 お ま ん ` 東 の ° の ` 駒 町 ` き 秋 ∨ る や 学 今 こ 学 岸 る 番 鍛 番 ∨ さ ど 麹 京 神   お 氏 込 か 小 上 の 橋 城 す の と ゝ 校 ` ° の 冶 の 尊 か 日 町 で 田   供 子 行 ら 網 げ 日 か 内 く 如 は か が 歯 行 仁 ` 鶴 ` ∨ 本 ∧ 著 祭   を の き 本 町 ` は ら に に 水 道 ら 設 科 列 田 三 ケ 十 ` 国 こ し も   す 家 の 石 ` 明 早 日 入 ∨ 会 路 ` け の の 四 十 岡 八 十 中 う く 岡   る 々 電 町 日 神 く 本 る 神 館 が 行 ら 大 道 郎 番 ∧ 番 番 に じ 廃 本   者 は 車 へ 本 様 も 銀 ° 社 の 違 列 れ 学 順 ∧ の つ の の 知 ま れ 綺   数 軒 線 ` 橋 の た 行 今 の わ う は た の を に 雉 る 稲 牛 ら ち た 堂   を 先 路 さ か 御 そ の 度 前 き が い が あ 今 た ∧ が 穂 若 れ ∨ も に   知 の に ら ら 輿 が 横 は の を 神 っ ` る の ん き お に ` て の の 従   ら 高 沿 に 京 ∧ れ 手 ` あ ` 田 た こ 所 地 の じ か 蝶 十 い 山 は え   ず 張 っ 神 橋 み て の 竹 た ま 橋 ん の は 名 し ∨ ∨ ` 三 た 王 祭 ば   そ 提 て 田 に こ ` あ 橋 り な 外 神 馬 ` に ろ ` の 二 番 の ` 礼 `   の 灯 本 駅 至 し 各 た か か い へ 田 場 昔 よ う 三 放 十 の で 神 で     壮 を 社 前 り ∨ 町 り ら ら た 出 明 が ` っ ∨ 十 生 番 二 あ 田 あ     観 は に ` ` 二 の へ 一 ` 橋 て 神 各 桜 て ` 一 会 の 見 る の る     は ず 御 須 引 体 だ 出 橋 内 に ` 前 町 の 略 四 番 ∧ 竜 ヶ が 明 °     ま し 帰 田 帰 が し る 家 濠 出 内 へ の 馬 説 十 の ほ 神 浦 ` 神 江     こ て 還 町 し 行 は の の を て 濠 出 だ 場 す 番 武 う ` ` そ ` 戸     と ` と か て 列 思 で 門 渡 九 ∧ る し と る の 内 し 二 十 の 深 以     に 竹 い ら ` を い あ 前 っ 段 う ° の い と 恵 宿 ょ 十 六 祭 川 来     人 ざ う 万 再 整 思 る へ て の ち そ 集 ゝ ` 比 禰 う 三 番 礼 の の     目 お こ 世 び え い が 出 田 中 ぼ し 合 ` 国 須 ∧ え 番 の は 八 三     を の と 橋 日 て に ` て 安 坂 り て 所 明 電 神 す ∨ の 素 昔 幡 大     驚 先 に へ 本 ` 自 そ ` 門 を ∨ 万 に 治 お な く ` 大 盞 の と 祭     か に な と 橋 小 分 の 常 か 登 添 世 な に 茶 ど ね 二 黒 嗚 姿 し り     す つ る 進 を 伝 の 頃 盤 ら り い 橋 っ な の が ∨ 十 神 ∧ を て と     に け ° み 渡 馬 町 に ∧ ` ` に を て っ 水 数 ` 七 ` す 止 ` い     足 ` こ ` っ 町 内 は と い 靖 商 渡 お て 駅 え 三 番 二 さ                     `                              



は の も   後 く 時 で 京   は か 吹 つ 雨 残   る で し っ   で は 十 め 山 祭 明 深 は 知 か ` 橋 山 な っ 倒 ぶ ∧ り 私 天 は ∨ た 震 あ あ 代 な 車 礼 治 川 著 っ ら 江 ` 王 し た さ れ お で の 下 な ぐ が 災 る る は い や が 二 の し て 麹 戸 日 の に が れ 二 お そ 記 祭 く ら ` 以 ° ま も ほ 踊 に 十 八 く い 町 の 本 祭 ┐ ` た 千 あ の 憶 な ` い そ 後   い ち ど り ぎ 五 幡 衰 る に 祭 橋 礼 型 そ ° 二 ら 時 し ど 氏 に れ は   ° ろ に 屋 や 年 は え が 育 礼 に は ば の そ 百 し に て と 子 止 は 格   そ ん 衰 台 か の 私 た ` っ の わ 三 か 繁 れ 二 ∨ は い い の っ 文 別   れ 三 え よ に 八 の ° こ て う た 大 り 昌 で 十 が 祭 る う 町 て 字 `   ほ 十 て り で 月 家 近 れ ` ち っ 祭 └ は も 五 あ 礼 と す 々 い 通 そ   ど 代 し も き あ か 年 は 氏 で て り の つ 土 戸 っ 番 こ ば も た り の   の の ま 各 た た ら は 明 子 も ` の も い 地 と て 付 ろ ら 大 ° の 以   遠 人 っ 町 と り 遠 神 治 の 最 山 王 の に が い ` が で し 体 そ ┐ 前   い で た 内 い が い 田 二 一 も の た に 十 ら う 東 で は い に の 型 に   昔 は ° の う 名 の よ 十 人 華 手 る な 七 だ 大 京 き ` 威 お 花 ば は   か ` た 御 う 残 で り 年 で 麗 と も っ 年 け 被 府 た 神 勢 い 山 か 型   ら ほ と 輿 わ り ` も 六 あ を 下 の て 度 に 害 下 ° 田 は て 車 り ば   ` ん い が さ で 詳 寂 月 っ き 町 で し の ` で だ そ の ど ひ も └ か   東 と 東 名 を あ し し の た わ の ` ま 昔 そ ` け の 祭 こ っ 各 で り   京 う 京 物 聞 っ い い 大 た め 中 氏 っ を の 神 で 祭 礼 に そ 町 ` の   の の に で か た こ く 祭 め た 心 子 た 繰 後 田 も 礼 は も り 内 軒 祭   祭 祭 生 ` な ら と ら を に の 地 の ° 返 も の 丸 中 明 見 閑 か 提 礼   礼 礼 ま 俗 い し を い 名 ` で 区 範   す 隔 山 つ に 治 出 と ら 灯 を   は ら れ に よ く 知 で 残 こ あ を 囲   に 年 車 ぶ 九 十 さ し 引 に 行   衰 し た 御 う ` ら あ り の る 併 も   至 の 小 れ 月 七 れ て 出 花 わ   え い と 輿 で そ な る と 祭 ° 合 `   ら 大 屋 千 十 年 な い す 山 な   て も い 祭 あ の い ° し 礼 私 し 麹   ず 祭 な 八 五 の か て と 車 い   し の っ と る 後 が   て を は て 町   ` を ど 十 日 九 っ ` い ∧ で   ま を て 呼 ° に `   ` 最 子 い `   い 怠 も 戸 の 月 た い う は も   っ 見 も ば こ 深 こ   そ も 供 る 四   つ ら み ` 大 が ° わ わ な な   た た ` れ ゝ 川 れ   の よ の の 谷   と な な 半 風 名   ゆ け だ か   の 者 二 `                 `                                



れ れ れ 初 前 大 の 上 三 で り 日 す い れ は   発 ぼ が 祇 礼 な   あ 色 は も か め に 太 伝 で 体 あ が は ` 衣 ず ` 今 表 つ ` 園 を い そ る 々 神 古 ら に 出 鼓 法 ` の る よ 浅 た 装 ` 神 ` ∨ か 東 会 見 と う が の 田 い ┐ 雄 ` ` 院 ┐ 御 ° い 草 っ や 今 田 神   な 京 ∧ た い い ` 由 祭 家 び 獅 そ 獅 を び 輿 昔 ° 神 た ` 度 祭 田   い の ぎ の っ う 先 緒 と が ん 子 こ 子 出 ん を は 清 社 一 ぐ の の の   ° 祭 お で て わ 年 つ 同 ら ざ 一 か 頭 て ざ 観 三 元 の つ り 戦 行 連   └ 礼 ん は よ け の き じ の さ 頭 ら 二 ` さ 音 月 に 祭 の ぐ 争 列 雀   ∧ は え ` い で 震 の 年 人 ら ` 本 頭 前 ら の の ┐ 礼 記 り に の 町   ┐ 実 ∨ と ° ` 災 御 に 々 └ 次 堂 が 駆 └ 本 十 三 ` 念 と も 中 ∧   新 際 や て 明 明 で 輿 当 に の に 正 列 の の 道 七 社 浅 物 光 無 で れ   旧 に 大 も 治 治 大 が た 限 踊 雌 面 を 次 踊 に 日 祭 草 と る 事 も ん   東 お 阪 昔 の 時 か 江 る ら り 獅 の 作 に り 奉 と └ 神 し 大 に 例 じ   京 い の 日 末 代 た 戸 が れ が 子 仮 り ┐ を 遷 十 の 社 て き 残 年 ゃ   雑 て 天 の 期 の は の ` て あ 一 舞 ` び や し 八 名 と 貴 な っ 出 く   題 は 満 壮 や 中 焼 昔 三 い る 頭 台 本 ん る ` 日 曲 い 重 目 て た ち   └ 亡 祭 観 大 ご 亡 か 体 た ° ` に 堂 ざ ° 正 と が う な 玉 ` 有 ょ   の び は を 正 ろ し ら の ° こ 次 登 の さ こ 面 に あ よ も や 金 名 う   中 て 今 想 時 か た た 御 十 の に っ 西 ら の の 行 る り の ` 銀 な ∨   の し 日 像 代 ら こ く 輿 八 儀 二 て を └ た 向 わ よ は で 神 縫 も が   ┐ ま ど す に 東 と さ は 日 式 頭 ` 廻 三 め 拝 れ う ` あ 田 取 の 保   祭 っ う る お 京 と ん 浅 に を の 踊 っ 人 の の た に 三 る 祭 り で 存   礼 た な こ け に 察 に 草 は 奉 獅 り て ` 行 下 ° ` 社 ° の ず あ す   └ ° っ と る は せ 保 の 隔 仕 子 を い 太 列 に ま こ 様 五 豪 く る る   に し て は ┐ 祭 ら 存 大 年 す が 始 っ 鼓 は 仮 ず れ の 月 華 め ° だ   よ ょ い で 型 礼 れ さ 通 に る 舞 め た 二 午 設 ` も お 十 を の 震 し   る せ る き ば ら る れ を ` 者 い る ん 人 後 し 十 有 祭 七 今 目 災 人   ° ん か な か し ° て 真 そ は 狂 の 三 ` 二 た 七 名 の ` の も に 形   昭 再 知 い り い   い 直 し ` い で 社 笛 時 舞 日 な 方 八 世 ま も の   和 興 ら °└ 祭   た ぐ て い ` あ 様 一 本 台 に 祭 が の に ば 焼 熊   二 は な 京 の 礼   の に そ ず そ る の 人 坊 の は 礼 通 両 示 ゆ か 坂   年 お い の 祭 は   で         °   `                                      



  た 十 が い に ら た か に 西   称 こ と の 皇 あ あ 将 に 川 て か 山 浅   り 七 ` し 立 が 一 ら 観 の 浅 し の も く の る り 軍 駆 戸 ` ら の 草   は 日 こ の っ 建 画 は 光 方 草 た 三 ∨ ま 三 ° ` 徳 け や 御 本 宿 橋   妙 に の ま て て が 忘 バ の 松 の 人 の は 十 三 都 川 つ 山 輿 社 の に   音 行 姥 く い て あ れ ス 大 屋 は を 三 ま 六 社 内 家 け の の に 境 至   院 わ が ら る あ る ら の 通 の 明 祭 人 な ∧ 権 で 光 る 宿 供 還 界 り   の れ 池 ∨ ° っ ° れ た ` 建 治 っ が り 六 現 も の の ` 奉 御 地 `   境 て の の こ て 無 て ま つ 物 六 た 網 ∨ 二 の 数 建 で つ に さ 点 あ   内 い 祭 伝 の ` 論 し り ま を 年 お を ` 八 名 の 立 あ ま 加 れ か れ   に た が 説 姥 手 ` ま 場 り 中 の 宮 下 武 ∨ は 少 す る り わ る ら か   な ° ` は が 洗 今 っ 所 電 に こ な し 成 年 今 な る と 宮 る ° 上 ら   っ そ 昔 陰 池 い 日 た が 車 は と の て ∧ 三 さ い と い 戸 例 当 陸 舟   て れ は 惨 に 所 池 よ で の さ で で い た 月 ら 江 こ う 川 で 日 し に   い と 浅 な ま だ な う き 走 ん あ ` た け 十 い 戸 ろ ° 沿 あ は ` 乗   た い 草 中 つ の ど に て っ で っ こ ら な 八 う 初 で 浅 岸 っ 六 姥 っ   か う 寺 に わ 献 見 姥 い て 大 た の ` り 日 ま 期 幸 草 に た 郷 が て   ら の の ` る 燈 る が る い 通 ° 称 観 ∨ に で の い の 住 が や 池 `   で は 子 一 一 だ こ 池 ° な が   を 音 の ` も 建 に 三 ん ` 大 の 大   あ ` 院 脈 つ の と ∧ こ い ほ   得 の 兄 宮 な 造 そ 社 で こ 森 前 川   る 維 の の 家 が も う の 方 ゞ   た 尊 弟 戸 い 物 の 様 い れ 方 を 筋   と 新 妙 あ ∧ ` で ば 広 の 南   の 像 と 川 こ と ま は た は 面 通 を   伝 前 音 わ ひ わ き が い 道 北   で を ` の と し ゝ 二 の 彼 の り 漕   え ま 院 れ と び な い 空 を に   あ 水 土 漁 で て 今 天 で 等 漁 ` ぎ   ら で の さ つ し い け 地 北 走   る 中 師 師 は 注 日 門 ` が 師 ま 上   れ は 手 を や げ が ∨ の に っ   ° か 中 の あ 目 ま と 昔 そ が っ が   て ` で た ∨ に ` の 東 進 て   浅 ら 知 桧 る す で 社 の の ` す り   い 姥 ` ゞ の ` 小 伝 隣 む い   草 得 ∧ 熊 が べ 保 殿 御 昔 舟 ぐ `   る が 毎 よ 石 そ さ 説 に と る   神 た は 浜 ` き 存 と 縁 に を に 花   ° 池 年 わ の こ な を 今 ` °   社 と じ 成 推 も さ は で は 仕 二 川     の 五 せ 枕 こ ほ 伝 の 右 こ   と い な ∧ 古 の れ 三 お ` 立 天 戸     あ 月 る ∧ ゝ こ え 世 手 の   改 う か ひ 天 で て 代 供 花 て 門 と                             `